ピラティススタジオA・CORE シニア・アドバイザー 吉田 都

英国のロイヤルバレエ団、バーミンガムロイヤルバレエ団にて22年にわたりプリンシパル(最高位主役ダンサー)を務めたバレリーナ。ロイヤルバレエ学校時代に出会ったピラティスを今でも実践している。

「ピラティスはトップアスリートからお年寄りまで幅広く誰でも出来るエクササイズです。
ダンサーとしては筋力強化や柔軟性を高めるだけでなく、時によってはストレッチや呼吸法によりリラックスするエクササイズとしても有効です。
自分の体と向き合い健康な体を維持するためにぜひおすすめします。」
吉田 都

 

経歴 (吉田 都 公式HPより

miyako-profile

東京生まれ。9歳の時、生地にてバレエを始める。
1983年
ローザンヌ国際バレエコンクールにてローザンヌ賞受賞。
同年、ロイヤルバレエ学校に留学。
1984年
芸術監督ピーターライトに認められ、サドラーズウェルズロイヤルバレエ団(現バーミンガムロイヤルバレエ団)に入団。
1988年
最高位のプリンシパル(主役級)に昇格。
1989年
「グローバル賞」受賞。
1991年
英国のダンス専門誌「Dance&Dancers」の人気投票で ダンサー・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。
1993年
ローザンヌ国際バレエコンクールの審査員を務める。
1994年
皇太后(クイーン・マザー)のお誕生日にロイヤルバレエ団へゲスト出演し、皇太后、マーガレット王女ご臨席のもと、「ロミオとジュリエット」のジュリエットを踊る。
1995年
英国ロイヤルバレエ団にプリンシパルとして移籍。
「中川鋭之助賞」受賞
1996年
「橘秋子賞」受賞。
1997年
文化庁「芸術選奨文部大臣新人賞」受賞。
新国立劇場のこけら落としで「眠れる森の美女」のオーロラ姫を踊る。
1998年
「服部千恵子賞」受賞。
1999年
エリザベス女王ご臨席のもと、オペラハウスオープニングガラ公演に出演。
2001年
文化庁「芸術選奨文部科学大臣賞」受賞。
チャールズ皇太子ご臨席のもと、「アントニーダウエル・フェアウェル・ガラ公演」に出演。
2002年
「橘秋子特別賞」受賞。
2004年
バレリーナとしての功績とともに、チャリティ活動を通しての社会貢献が認められ、「ユネスコ平和芸術家」に任命される。
天皇、皇后両陛下ご臨席のもと、新国立劇場にて新演出「ライモンダ」を踊る。
東京新聞主催「舞踊芸術賞」受賞。
2006年
Kバレエカンパニー プリンシパル(翌年 ゲストプリンシパル、2009年退団)、英国ロイヤルバレエ団 ゲストプリンシパル。
英国批評家協会より英国最優秀女性ダンサー賞受賞。
日英協会ジャパンソサエティアワード受賞。
2007年
紫綬褒章 受章。
大英帝国勲章(OBE)受勲。
2009年
ローザンヌ国際バレエコンクール審査員を務める。
2010年
「ロミオとジュリエット」東京公演を最後に英国ロイヤルバレエ団退団。
神戸女学院大学 特別客員教授を務める。
2011年
毎日新聞社主催「毎日芸術賞」受賞。
2012年
第43回 舞踊批評家協会賞受賞、国連UNHCR協会 国連難民親善アーティスト任命
3度目のローザンヌ国際バレエコンクール審査員を務める。
現在、フリーランスのバレリーナとして各方面で活躍中。